2017年6月14日水曜日

6月14日

昨日は肌寒ささえ感じる一日だったけれど、
今日の東京は昼前から晴れ間ものぞいて、
夏の日差しの午後となりそう。
12日、元沖縄県知事太田昌秀さんが亡くなった。
ちょうど誕生日だった。
政治家としても学者としても、大きな存在であったと思う。

先達たちの訃報に接する機会が増えている。
自分を生きるとはどういうことなのか。
深く考えさせられる。

今週土曜日は6月の朝の教室
講師は作家で詩人、道化師ともご自分のことを呼ばれる、ドリアン助川さん。

話題になった『あん』を読まれたかたは大勢おられると思う。
ハンセン病の元患者である老いた徳江さんと、
「つぶれはしないが、決して賑わうことのない」、どら焼き店の千太郎。
ふたりの距離がなんとも見事な作品だ。
「星の王子さま」の翻訳も素敵だし、ラブストーリー「あなたという国」もまた。
どの作品でも、「より声の小さな側」の声を素通りしない作家が、
この時代、この社会をどう見るか。
ご講演がとても楽しみ。



原発とエネルギーを考える朝の教室
2017年6月17日(土)
9:00~10:30 東京店B1 レストラン「広場」

ドリアン助川さん(作家、道化師)
 「この星のバオバブの木」


2017年6月13日火曜日

6月13日

ブログを更新しないまま、一体どれくらいが経ったのでしょう。
すみません。一重にわが怠慢ゆえ、です。

83回目を迎えた毎月一回の「朝の教室」。
6月17日の講師は、ドリアン助川さんです。
作家であり詩人であり、道化師でもあるドリアン助川さん。
『あん』を拝読し、映画化された『あん』を観たのは去年の夏でした。

ハンセン病の元患者を映画では樹木希林さんが演じておられ
ましたが、ひとが他者をどのようにして理解していくのか。そして
他者を受け入れる過程がとても興味深い作品(こんな風に簡単には言えないほど)でした。

原作者のドリアン助川さん、どんなかたなのだろう、と以来、
ご発言などもフォローしてきました。そして、このたび、
講師をお引きうけくださったこと、とても嬉しく思います。

『星の王子さま』の翻訳もされています。その、訳者あとがきで、
ドリアン助川さんは次のように書いていらっしゃいます。
ほんの一部だけ切り取ってしまい、申し訳ないのですが。

……ドイツにナチス政権が生まれたとき、ヨーロッパの
人々はどの程度の警戒心をもってそれを見ていたので
しょう。気がついたときには、もう手の施しようがない
ほどナチスは力を持ち、大戦の扉を開けにかかっていました
(略)子どもたちの犠牲もあとを絶ちません。王子さま
の心を、いつになったら大人たちは理解するのでしょう……。

ドリアン助川さんとご一緒に、この時代、この社会を生きる
わたしたち大人たちの責任と権利について考えましょう。



原発とエネルギーを考える朝の教室
2017年6月17日(土)
9:00~10:30 東京店B1 レストラン「広場」

ドリアン助川さん(作家、道化師)
 「この星のバオバブの木」