2017年7月1日土曜日

7月1日


今日から7月。

朝から小雨が降っている。鳥の啼き声が聞こえると
雨があがるのだが、今朝はまだその声を聞かない。

今朝の新聞に、シモーヌ・ベイユさんの訃報が掲載さていた。
フランスの女性政治家であり、元保健相、元欧州議会総長だった女性である。
30代~40代にかけて、わたしは各国の(といっても欧米が主だったが)フェミニズムの動きを学んだ。
現在のミズ・クレヨンハウスの土台はそのあたりから始まった。

米国にはグロリア・ステイナムやベティ・フリーダン(ふたりとは来日した際、お目にかかっているが)や
ジャーメン・グリアをはじめとして、大勢の女性たちが声をあげた頃だった。
そうだったロビン・モーガンもいた。
余談ながらお名前の日本語の表記がさまざまで、
正確かどうかはわからないが、
当時、フランスで目覚ましい活動をしていたひとりが、弁護士のシモーヌ・ベイユさんだった。
彼女はユダヤ人の家庭に生まれ、アウシュビッツ収容所から九死に一生を得て生還。戦後、法曹界で活躍を続けていた。
「優性保護法」(差別的な言葉であり概念だが)のもと、日本では人工中絶が合法的であった時代、欧米では合法化されていなかった。
当時の資料が見つからず、不確かな記憶で書くしかないが、
確か強姦されて妊娠した少女の堕胎を、母親とその女友だちのサポートで中絶の手術を受けて事件化。
被告になった少女(母親と女友だち、施術した女性が被告だったかもしれない。記憶は定かではないが)の弁護をしたのがシモーヌ・ベイユさんだったのではないか。
そのいきさつを描いた本が翻訳されて、熱心に読んだ記憶がある(これも見つからない)。

「金持ちは飛行機に乗って他国で。貧しいものは針金製のハンガーで」と酸鼻な状況が伝えられた日々。シモーヌ・ベイユさんはヴァレリー・ジスカール・デスタン政権下で合法化を成立。
彼女の名前をとってそれは「ベイユ法」と呼ばれた。

同じような発音をする哲学者であり思想家に、シモーヌ・ヴェイユがいる。
第二次世界戦争下でロンドンで亡くなった時、彼女は僅か34歳。
戦後になって彼女が遺した言葉や著作が刊行された。
その中でも、わたしが心打たれるのは以下の言葉だ。
「権力者は命令以外に、行為のすべを知らない」だったか。行為の方法だったかもしれないが、これも本が見当たらない。

今日は夕方から外での仕事だ。
それまでは書棚のどこかに隠れた本たちを探し、
苗を植え広げし、ゲラのチェックをしよう。
明日は都議会議員選挙。選挙は「命令以外の行為」、それも
かけがえのない行為、だ。





原発とエネルギーを考える朝の教室
2017年7月29日(土)
9:00~10:30 東京店B1 レストラン「広場」

高野孟さん(ジャーナリスト)
 「いま、日本はどこに?」










原発とエネルギーを考える朝の教室
2017年8月26日(土)
9:00~10:30 東京店B1 レストラン「広場」

ピーコさん(ファッション評論家、、ジャーナリスト、シャンソン歌手)


2017年6月29日木曜日

6月29日

加齢からの贈りものであるかもしれないが、
暮らしのパターンが朝方に変わって、随分になる。
5時頃から目覚めて、まず苗たち(5月に種子を蒔いた)に
水やりをし、朝食前に別のひと仕事、原稿を書く、といったパターンだ。

いまわが家では、向日葵の第三弾目のグループ(小夏という丈の短いのと、
1メートルは越えるのと)とメランポジウム(黄色の小型の花をつける)、
ツンベルキア(つる性でオレンジや黄色、白などの小さな花をつける)、そして
コスモス等がすくすく育ってくれている。

すでにクレヨンハウスに引っ越しをさせた花たちも元気に育ってくれているようで、
本格的な夏が楽しみ、とは書いたが、なんだか気分が晴れない日が続く。

森友学園も加計学園問題も、すっきりしないまま今国会は早くも閉会。
臨時国会を開いて、「なんだか変だよな」と思っている多くの国民に説明する義務が
与党にはあるのだが、都議選の後に、やるかやらないかを決めるという。
「共謀罪」に関しても同様。
異論が聞こえると、いつだって「国民が納得いくように丁寧に説明する」
と言うのだけれど、丁寧に納得いくまで説明「された覚え」は皆無に近い。
さらにここにきて、東京都議選の応援演説で稲田朋美防衛大臣が自衛隊の「政治利用」
ともとれる発言をした(後に撤回)。自衛隊員の中からも自分たちは「集票マシンではない」
という反論の声があがっているというが……。



原発とエネルギーを考える朝の教室
2017年7月29日(土)
9:00~10:30 東京店B1 レストラン「広場」

高野孟さん(ジャーナリスト)
 「いま、日本はどこに?」










原発とエネルギーを考える朝の教室
2017年8月26日(土)
9:00~10:30 東京店B1 レストラン「広場」

ピーコさん(ファッション評論家、、ジャーナリスト、シャンソン歌手)


2017年6月14日水曜日

6月14日

昨日は肌寒ささえ感じる一日だったけれど、
今日の東京は昼前から晴れ間ものぞいて、
夏の日差しの午後となりそう。
12日、元沖縄県知事太田昌秀さんが亡くなった。
ちょうど誕生日だった。
政治家としても学者としても、大きな存在であったと思う。

先達たちの訃報に接する機会が増えている。
自分を生きるとはどういうことなのか。
深く考えさせられる。

今週土曜日は6月の朝の教室
講師は作家で詩人、道化師ともご自分のことを呼ばれる、ドリアン助川さん。

話題になった『あん』を読まれたかたは大勢おられると思う。
ハンセン病の元患者である老いた徳江さんと、
「つぶれはしないが、決して賑わうことのない」、どら焼き店の千太郎。
ふたりの距離がなんとも見事な作品だ。
「星の王子さま」の翻訳も素敵だし、ラブストーリー「あなたという国」もまた。
どの作品でも、「より声の小さな側」の声を素通りしない作家が、
この時代、この社会をどう見るか。
ご講演がとても楽しみ。



原発とエネルギーを考える朝の教室
2017年6月17日(土)
9:00~10:30 東京店B1 レストラン「広場」

ドリアン助川さん(作家、道化師)
 「この星のバオバブの木」


2017年6月13日火曜日

6月13日

ブログを更新しないまま、一体どれくらいが経ったのでしょう。
すみません。一重にわが怠慢ゆえ、です。

83回目を迎えた毎月一回の「朝の教室」。
6月17日の講師は、ドリアン助川さんです。
作家であり詩人であり、道化師でもあるドリアン助川さん。
『あん』を拝読し、映画化された『あん』を観たのは去年の夏でした。

ハンセン病の元患者を映画では樹木希林さんが演じておられ
ましたが、ひとが他者をどのようにして理解していくのか。そして
他者を受け入れる過程がとても興味深い作品(こんな風に簡単には言えないほど)でした。

原作者のドリアン助川さん、どんなかたなのだろう、と以来、
ご発言などもフォローしてきました。そして、このたび、
講師をお引きうけくださったこと、とても嬉しく思います。

『星の王子さま』の翻訳もされています。その、訳者あとがきで、
ドリアン助川さんは次のように書いていらっしゃいます。
ほんの一部だけ切り取ってしまい、申し訳ないのですが。

……ドイツにナチス政権が生まれたとき、ヨーロッパの
人々はどの程度の警戒心をもってそれを見ていたので
しょう。気がついたときには、もう手の施しようがない
ほどナチスは力を持ち、大戦の扉を開けにかかっていました
(略)子どもたちの犠牲もあとを絶ちません。王子さま
の心を、いつになったら大人たちは理解するのでしょう……。

ドリアン助川さんとご一緒に、この時代、この社会を生きる
わたしたち大人たちの責任と権利について考えましょう。



原発とエネルギーを考える朝の教室
2017年6月17日(土)
9:00~10:30 東京店B1 レストラン「広場」

ドリアン助川さん(作家、道化師)
 「この星のバオバブの木」


2017年2月3日金曜日

2月3日

アグロステンマという植物をご存じですか?
麦畑の雑草とか呼ばれているそうですが、
白と薄紅の、それは素朴で可憐な花を
初夏につけてくれます。
一昨年の秋に種子を蒔いて、昨年の初夏に
クレヨンハウスのアウトテリアですっきりとした
花をつけてくれてから、夢中に。
去年の秋も種子蒔きを。ただいま成長中。

今日は朝から取材が。
寝不足で、ぼーっとした表情じゃ、いかんなあ、
と熱いシャワーを浴びたところ。

2月5日の「朝の教室」。
子どもだけではなく、むしろいま大人も、
「自分で考える力」をより養いたい。
「朝の教室」の主催は、クレヨンハウス3階の
ミズ・クレヨンハウス。
彼女たちのツイッターから引用を。

<東京店3階より>2月5日(日)朝の教室、
講師は國分功一郎さん。原発推進派がなぜ核エネルギーに惹かれるのか、
それを信仰や哲学の視点で考える國分さん。
アカデミックな枠を越え、分かりやすく、哲学するきっかけを与えてくださるはずです。
考える力を養いましょう!




原発とエネルギーを考える朝の教室
2017年2月5日(土)
9:00~10:30 東京店B1 レストラン「広場」

國分功一郎さん(哲学者)
 「いま政治で何が問題になっているのか?」


2017年2月2日木曜日

2月2日

アメリカ合衆国の新大統領ドナルド・トランプ氏が就任後、
早速行ったのは、司法長官代理の解任だった。
中東・アフリカ7か月からの入国を禁止する彼の措置に対して、
大統領令に従わないようにと司法省に通知した
サリー・イェイツ長官代理が解任されたのだった。

バラク・オバマ前大統領も、信仰などによって
個々人を差別することは反対だという声明を発表したし、
国連の事務総長も反対している。
「違憲でもあり、違法」だとする声は大きくなるばかりであり、
措置の無効を求めて連邦地裁に提訴する方針も話し合わせている。
トランプ政権での司法長官が危害で承認されるまで、
サリー・イェイツさんが長官代理であった訳で、
解任されること自体、大問題だ。

が、日本で同じようなことが起きた時、法務省のトップが
「違法・違憲」と首相の命に背くことが果たして可能なのか。
つきつめれば民主主義とは何なのか、に
たどり着くテーマではある。
各地でこの大統領命に反対する抗議デモが続いているが、
この国であったら? ということも考えさせられる。

2月5日(日)の恒例の朝の教室
講師は哲学者の国分巧一郎さん。
国分さんのご著書と改めて(はじめてのものもある)。
初めて拝読したのは、『暇と退屈の倫理学』。
……わたしたちはパンではなく、バラも求めよう。
生きることはバラで飾られねばならない……と
本書の帯にあり、本文でもそれについて記述されている。

米国の新大統領を見ていると、自分たちは
世界中のバラを集めてバラに埋もれた日々を送りながら
市民(特に中東やアフリカの人々)には、バラどころか
パンさえも取りあげるといった感じがしないでもない。

そういえば、「バラではなくて、権利を」というデモをした
米国の女性たちもかつていた。
NOT ROSES、BUT RIGHT
権利もバラも、そしてパンも、
ひとりや一部に集中させてはならない。

国分さんの、今回の講演にも出てくる話題かもしれないが、
ご著書『民主主義を直観するために』には、政治について、
あるいは政治を語り合うことについて次のような記述がある。
……ぼんやりした圧力を受け続け、したい話ができずにいたら
どうなるでしょう? その話題について考えるのがイヤになって
しまうでしょう。それどころか、自分にその話題のことを考え
させられるような情報に触れることさえ、イヤになってしまう
……違和感を感じないようにするというのは、「自分に嘘を
つく」ということです。自分に嘘をつくというのは、生きていく上で
一番やってはいけないことだと思います。

そう、「違和感」を大事にしたい。自分の内なる違和感と
ちゃんと向かい合ってみよう。話し合ってみよう。





2017年2月5日(土)
9:00~10:30 東京店B1 レストラン「広場」

國分功一郎さん(哲学者)
 「いま政治で何が問題になっているのか?」


2017年1月28日土曜日

1月28日


「東芝 原発事業縮小へ」
今日28日の東京新聞朝刊が一面トップで伝えている。
新大統領が就任したアメリカ合衆国で
「最大7千億程度の損失が見込まれている」
からという。
原発の存在が限りなく危険であり、
東電福島第一原発過酷事故で、
価値観が根底から変わったわけではない。
「損」だからだ。
経済中心主義というのは、被害者の苦しさも
喪失にも全く無関心ということなのだ。
「稼ぎ頭の半導体『切り売り』」するまで
追い込まれる前に、原発はだめだと
声を挙げるものが、あの大企業の中には
いなかったのか。
なんだか無残だ。

ところで、ついこの間、2017年最初の
朝の教室があったと思ったら、すでに
2月の予定が。79回目の朝の教室は
2月5日(日)哲学者の国分巧一郎さんを
講師にお迎えする。
ご著書『民主主義を直感するために』(晶文社)で、
パリのデモから辺野古の海まで、
「政治の現場」を歩き、ひとに会い、思索した
国分さんの言葉、ひとつひとつが心に響く。
少々疲れ気味の心身の熱いシャワーになってくれる。

たとえば、こんなフレーズはいかがだろう。
……デモの本質はむしろ、その存在が
メッセージになるという事実。いわば、
そのメタ・メッセージ(「いつまでも従って
いると思うなよ」)にこそある。メタ・メッセージ
をつきつけることこそが重要なのだ……。

知り合いの女性に、ほとんど効果がないのに、
なぜデモに行くの?と訊かれた。
彼女に、国分さんのこの一節をプレゼントしよう。







2017年2月5日(土)
9:00~10:30 東京店B1 レストラン「広場」

國分功一郎さん(哲学者)
 「いま政治で何が問題になっているのか?」